2017-12-29(Fri)

甘えたい日はそばにいて 1巻 感想

冬コミが開幕しております。相変わらずすごい人ですね…流石に今の体調であの人ごみの中行ったら何かしらの病気うつされそうです…
我慢して見送って、家の中でマンガ納めします。。。

20171229215810b1a.jpeg
川井マコト『甘えたい日はそばにいて。』(芳文社)で2017年を〆。
昨年完結した『幸腹グラフィティ』に続く、川井先生の最新作。連載誌を「まんがタイムきらら」に移し、作品の雰囲気もガラリと変えた期待作です。
左の冊子はメロンブックス特典。ヒロイン4人の麗しき書下ろしイラストを拝むために、メロブに駆け込みました…!


アンドロイドが社会に溶け込み、人間と共に生きる世界。
お手伝いアンドロイドのひなげしは、両親を亡くした高校生小説家・の下で働いている。
感情が乏しい楓だが、ひなげしとの暖かな生活で希望を取り戻していく。
そしてひなげしは楓に片思いをしながら、むず痒い日々を過ごすが―――この世界ではアンドロイドの恋愛は禁止されていた…



禁断の恋を描いた、ちょっと切なめのラブストーリー…!
川井先生の画風に合った雰囲気です。Twitterでも儚げな女の子のイラストを発信していることが多かったので、いつかNLが見たいなぁ、と思ってたところにドンピシャな作品が来てくれました。。。
しかもアンドロイドの「権利」が1つのテーマになっているという…なんという俺得。

SFの定番通り、アンドロイドは人間と区別がつかず、感情も豊かです。
世間的にアンドロイドへの依存は毒と考えられている、というある種差別的な目線を送られているのも定番だろうか。
その差別一つとして「恋愛の禁止」、というかそもそも「恋しないように造られている」ことが物語を大きく動かします。
恋心がバレたら記憶を書き換えられるか処分される――ギリギリの立場にいながらも止められないひなげしの恋。
静かな恋かと思いきや、1巻ラストで驚きの展開を向かえるので、どっぷり読み込んじゃいます。。。
楓の幼馴染・あずきや、あずきの友人・ももとそのお手伝いアンドロイド・花凛ら、他ヒロインたちの思いが絡みまくっていて、考察し甲斐もあり。
ホントに続きが気になりすぎて、いろいろ考えてしまう…

恋愛禁止以外のアンドロイド要素はほとんどないですね…『ブレードランナー』や『プラスティック・メモリーズ』みたく近未来的風景もなく、基本「日常系」の空気が多い感じ。
ひなげしやあずきの恋する乙女な表情に萌えまくり、楓の意外と感情が豊かな面が可愛かったりと、やはりそこは「きらら」らしさ。NLもおまかせや。
特にひなげしには惹かれます。お手伝いらしく、抱擁感たっぷりで母性の塊…のようで、ポンコツだったり。やはりポンコツアンドロイドはご主人様に恋をするのか…
『幸グラ』のリョウに通じる面がありますね。おっぱいもな!!
川井先生の画風で巨乳キャラは栄える。これ真理ね(力説)

あと…ご飯描写が気になるのは恐らく『幸グラ』のせいであろう…


NLが見たい方、おねショタ好きな方、日常系が好きな方、起伏のある4コマが見たい方…誰にでもオススメしたいです。
掴みはバッチリな感じの1巻ですので、すぐに手を取って欲しい。。。
ちょっとネタバレになりますが…百合要素もあり、かなりストーリーの根幹に関わってきそうなので、そっち方面を欲する方も是非に。


では。

スポンサーサイト
2017-11-08(Wed)

桜Trick 8巻(最終巻) 感想

アニメ化して話題になり、その後 原作が完結したら、ファンとしては殆どの人が最後までアニメで動くところを見たい、と思うことでしょう。
最近でもっともその気持ちにさせてくれた作品は、
201711082213089c5.jpg
タチ『桜Trick』(芳文社)です。
その道に引き込まれるきっかけになったオタクも多い(と思われる)、キスから始まる百合コメディが、ついに完結しました。
アニメは2014年冬ですか…もうそんなに経っていたとは。
未だに公式Twitterは稼働してるし、今年も11月22日(いいちゅっちゅの日…らしい)にオールナイト上映会やったり。きらら枠らしく長く愛されるアニメですね。

続きを読む

2017-10-04(Wed)

ガヴリールドロップアウト 5巻 感想

中秋の名月は厚い雲に閉ざされて見えませんでした…
予報はよかったのになー。残念…_(:3」∠)_

マンガを一冊。
20171004233500c0a.jpg
アニメも好評に終わった、『ガヴリールドロップアウト』5巻を読みましたー

暫定2017年ベストオブタイツキャラ(当社比)のタプリスが表紙です。厚めのタイツいいよね…世間的には薄い方が人気らしいけど、あったかさが伝わる方が好きなの…

本編の方もタプリス回が多めです。素直で、ドジで、まだ人間界に疎くて…表情がコロコロ変わってとにかく可愛い。
トレードマークのマフラーをしている理由も明らかに。名エピソードですので必見ですよー

そんなタプリスにも相方が!新キャラの黒奈が登場です。画像右に映ってる娘です。
メカクレキャラらしく、寡黙で存在感がない系。タプリスの対ということで、もちろん悪魔です。
ひょんなことからタプリスに付きまとって、なかなかの逸材っぷりを見せてくれます(百合的な意味で)
今後、他悪魔組のヴィネサタとどう絡んでいくのか?楽しみであります~~

百合と言えば、38話のガヴサタが美味しすぎました…
惚れ薬的なもので厄介なあいつにドキドキしちゃう…ってどこの同人展開ですか…魔界通販万能すぎる。

大好きなラフィも相変わらずニコニコで可愛かった。。。
足つぼマッサージとサウナに癒されるBBAっぷり姿が麗しい。


ガヴドロといえば、夏コミで原作者・うかみ先生発行の同人誌を買ってたり。
20171005001354420.jpg
半ばあきらめかけてましたが、たくさん刷っていたようで遅くに並んでも買えたのですよー
…今年のコミケ報告は以上(^^ゞ


では。


2017-03-21(Tue)

リスボックリ 感想

今最も「クソマンガ」大言 体現しているものといえば、『ポプテピピック』であろう。


最新話でも某グルメ漫画をネタにやりたい放題である。まんますぎて恐ろしい…

そして先月、同作者・大川ぶくぶ先生の新たな単行本がリリースされた。
20170321214459bd2.jpg
『リスボックリ』です。
言うまでもなく、『ポプテピ』に並ぶクソクソアンドクソな内容だったので、報告せざるを得ませんでした(?)

主人公は喋るリス。かわいい少女(名前なし)のペットになりたいと猛アタックをする。他にもハムスターとかワニとか、動物が少女の周りに集まってくる
















…というあらすじはどうでもよくて結局は『ポプテピ』と同じく不条理・下品・パクリ・意味不明なギャグが延々と続く大川ぶくぶワールドなのであった。
舞台設定(と言っていいのか分からない)があるだけ『ポプテピ』よりマシなのかもしれないが、下品さが増してるあたりタチ悪い。とにかくリスの行動・言動がすべて酷すぎて、可愛さの欠片も感じられない。
2017032122145738f.jpg
ぶん殴りたい顔とはこのことだ…


いや、ギャグマンガとしてはこっちの方がしっかりしてると評価するべきなんですよね…知名度でどうしても劣っているのがもったいない。こちらも知っていれば爆笑できるパクリネタが満載なので、是非サブカルクソ女 に強い人は挑戦していただきたい。
ネットで流行ったものを中心に、格ゲー、シューティング等コアなゲームネタから80~90年代ネタまで、ギリギリすぎるものばかり。
20170321221543523.jpg
中には本当にアウトなネタも…
ネットの過剰なアップロードにはしわを寄せつつも、流石にこんなことやられたら苦笑いするしかない…ww

そして終盤に近付くにつれ、得意の出版社叩きが全く自重できてなくて笑うしかない
20170321221344210.jpg
20170321221346992.jpg
連載先の「コミックガム」を出版するワニブックスをボロクソに批判したかと思えば、別作品で破壊した某指定暴力団 出版社を持ち出すという前代未聞の暴挙に出る。
後にも先にもこんな漫画…いや、作家は出ないだろう…果たして連載する先々で破壊の限りを尽くすのだろうか…

20170321214500bb0.jpg
そんな内容とは裏腹に、メロンブックス特典では媚に媚びまくっているという罠。まさかの樋上いたる御大を起用。太ももが眩しすぎる少女に飛びつかざるを得ない。マジでなんなんだこの漫画…
そういえばいたる氏ってフリーになったのですよね。同人活動が増えそうで期待してたり。


では。


2017-02-09(Thu)

ぷくゆり 感想

今月はちょっと百合多めで…

20170209165237451.jpg
百合姫コミックスから、『ぷくゆり』を紹介。
ぷくゆりのぷくは福岡の福。マウンテンプクイチ先生の地元を舞台に、折々の百合が描かれる短編集です。
同じく百合姫から『ななゆり』という連作短編が出てます。即売会が初出の同人誌をまとめたものですね。最近の百合姫は新しい編集が積極的なおかげで、連載陣以外の単行本も充実していて嬉しいところ。

野球をテーマにした『球詠』は、まんがタイムきららフォワードで連載中。野球観戦好きが高じてまさかの主題になるとは…恐らくホークスファンだろう…強くて羨ましい…
過去にはきららキャラットで『あまゆる』という作品も連載してました。長続きするかと思ったのですが、2巻で終わってしまったんですよね…同人誌で復活しないかなーなんて思ってたり。




とまあ、けっこう追ってる作家だったりします。同人誌も会場でけっこう買ってました。。。
基本的にはイチャイチャでひたすら癒し空間な感じです。きらら系のノリが好きであれば大いに薦められますよ~

で、この『ぷくゆり』はプクイチ作品の中でも、ちょっと重くて切ない百合が多い点に注目したいのです。

①ぷくゆり
表題作。人見知りの美優と、プチヤンキーな絵里。真逆な2人が近付く物語。
所謂 地味子とヤンキーの百合ですね。作者曰く、一番好きな要素が詰め込まれてるらしい。
地味子が染まっていき、逆転してヤンキーが受けに回るまでが鉄板
周囲に理解されない関係故、切なめに終わるところがまた余韻があっていいですね…百合はスクールカーストの壁をも超える

②ゆうりい
成仏しきれてない女の子幽霊にだんだん惹かれていくお話。お互いが存在を確かめ合う温かさが感じられて、とてもほっこりします。
失った時に気付く好きな気持ち…それは百合も同じなんやで…

③ふたりだけ
いじめられっ子の歩と傍観者の紗希。近付くことさえできないはずの2人が、ふたりぼっちな恋をする…
苦手な人は苦手な、ガチでいじめがテーマの百合。これまでの作風から考えると、びっくりするレベルで暗いです。
必然的に「愛が重い」状態になるので、依存し合う描写が好きな人は興奮ものでしょう。書き下ろしのラストシーンは必見。


3篇だけでもいろんな百合の形が見れます。作者の技量と百合の奥深さが分かるはず。入門書として手に取るのもお勧めです!


では。



NewMark

プロフィール

やぶろっきー

Author:やぶろっきー
アニメ・ゲーム・麻雀・野球観戦で生きる日々。主食は百合と日本史。

ポケモンGOをはじめ、スクフェス・デレステ・ミリシタ・ガルパ・ポケ森・きらファン・グリモア・ららマジ・オルガル・マギレコ・アズレン 他スマホゲー飽和状態…

冬アニメは ゆるキャン/りゅうおうのおしごと! 推し

去年は けものフレンズ/ガヴリールドロップアウト/エロマンガ先生/NEW GAME!!/ラブライブ!サンシャイン!!/ブレンド・S/このはな綺譚 にハマりましたー

細々とやってきます。。。



このサイトについて

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
訪問者
ブロとも一覧

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

風見鶏のように~風の吹くまま、気の向くまま~

ひつじのバイク便

思いつくままに、すらすらと。

One to Go

わくわく株式投資

プリキュア日和なブログ

宮廷アリス

ながらブログ

我が家の高齢犬

さかもと家

draw world

悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだもの
twitter
プロ野球
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表


管理人順位予想
セ①巨②広③神④中⑤D⑥ヤ
①ソ②ロ③日④楽⑤西⑥オ

CS 1st
神2-1D
西2-0楽

CS final
広4-2D
ソ4-1楽

日本シリーズ
SB4-2D
応援


『りりくる Rainbow Stage!!!』応援中!2016年3月25日発売予定!

無題

のんのんびより

『your diary』 広崎かなで 応援中!

『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

『グリザイアの果実』 2011.2.25発売予定