2017-03-06(Mon)

劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケール 感想

見てきましたSAO!!!

興行収入10億円突破!劇場版「ソードアート・オンライン」伊藤智彦監督、ポスト新海誠の声に違和感 (BuzzFeed Japan 3/1(水))

2週目で早くも10億の大台を突破しており、ネットでの評判も上々なようです。元々のファンはもちろん、MX等で再放送して新規層を取り込むことにも成功したと実感できます。

2017030618180741d.jpg
2週目の特典はキャラデザ・足立慎吾先生のポストカード。アインクラッドの装備はやっぱりかっこいい!
現在は原作・川原礫先生の書下ろし小説で、映画を補完する割と重要なものになっているようです。ファンは早めに劇場へ行くべし

とりあえずネタバレなしで書けることをば。


~あらすじ~

2026年4月、ARマシン「オーグマー」が発売された。日常生活に役立つだけでなく、覚醒状態でゲームの世界を楽しめることから人気を博し、AR対応のMMO RPG「オーディナル・スケール」も話題となっていた。
キリト一行も参戦するが、当のキリト本人はあまり乗り気になれない。
そんな中、ゲーム内に旧SAOのボスモンスターが現れるという噂が流れ始める。そして裏ではSAOサバイバーたちを巻き込んだ計画が進行されていた…



フルダイブする「ナーヴギア」「アミュスフィア」とは異なり、現実の動きがゲームに反映される。今現実ではやっているVRに近い感じですね(もっとも、作中ではVRが上記2つの機器に当てはまるのだが)
さらに、現実で特定の場所に行くことでイベントに参加できる機能になっているので、同じく大流行した『ポケモンGO』のようなGPSを使った要素もあります。
上リンクのインタビュー記事にある通り、それらに近いイメージで制作されたようですね。最近 世間に浸透したものをふんだんに取り入れてるのも、すんなりと話が入ってくることに繋がってるのかもしれません。
…それにしても、SF作品でよく挙げられる題材がもう現実で当たり前になってるのが恐ろしい…2026年のはずなのに、近未来感どころか今に合わせても違和感なさそうだ…

生身の運動能力がそのままアクションになるからそんない派手な動きはないのかな、と思ったらそんな心配は無駄でした。。。
しょっぱなの先頭から最高潮にさせてくれます。「ああ、SAOが帰ってきたぞ!」となるに違いない。
ゲーム世界ゆえ、やっぱり一番の見所はこのアクションシーンだと思います。新キャラのエイジのアクロバティックな動きは必見

作画面ではもう一点、背景が変態すぎる!!
渋谷区~新宿区あたりがメインで描かれるんですが、マジでそのまんまで笑える。夜景は美しいわ、複雑な建物も描き込んであるわ、公園の緑は綺麗だわ…背景アニメとしてもう1週楽しみたいレベル
戦闘シーンになる時は専用ステージに切り替わり、その時のデザインも凝ってます。モンスターに合ってて迫力を増してくれますね

今までのSAOにない特徴としては、ARアイドル・ユナの存在でしょう。
神田沙也加さんを声優に据え、歌唱力を最大限に活かしております。挿入歌を収録したサウンドトラックは大好評。。。

ミステリアスなキャラながら、時折見せるキュートな表情も魅力的。しっかりとストーリーの根幹に絡んでいるので、是非 目を離さずに見て欲しいところです

もちろん、メインキャラも躍動してます。「アニメ1期・2期と映画の登場回数を平均的になるようにした」のだろうか、と勘繰りたくなる構成でした。
1人1人の見せ場は必ず巡ってくるので、誰推しでも熱くなるに違いない。こういったところも非常にファンへの配慮が見られます…


とにかく、1度でもSAOに触れたことがあるならぜひ、ぜひに劇場へ足を運んで見て欲しい
雑に見えるところがこれっぽちもない。制作陣が作品を大事にしてるな、と自然と伝わってくる素晴らしい映画です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

以降ネタバレ込み

続きを読む

スポンサーサイト
2017-03-04(Sat)

2017冬アニメ感想 ⑨BanG Dream!【バンドリ】

オタク界でもっとも広告費を惜しまない企業と言えば、間違いなく「ブシロード」だろう。
あらゆる場所に宣伝ポスターを貼りまくり、あらゆる番組でCMを打ちまくる…これが10年近く続いてるのだから恐ろしいものだ…
CMのせいで、見ていないアニメでもキャラだけは知ってる状態が生まれるのはオタクあるある。で、そんなブシロード傘下の新しいアニメが

bang1.jpg
『バンドリ』です。
アニメリアタイ勢は1000回ぐらい番宣を見たのではなかろうか。いや誇張抜きでマジで。嫌でも主題歌は耳に残るし、CD情報は入ってくるし…物量作戦によって印象に残させるとか、最強の宣伝方法をいとも簡単にやってのけるブシロさん流石です

『ミルキィホームズ』に続くブシロードの最強兵器ということで、いろいろ期待が高まってたものの…1話放送が2週ほど遅れ。制作陣のつらさを見えると、ちょっと心配になりますよね…クオリティ的な意味で…
特に昨年秋アニメが複数「落とす」結果になり話題になったため、余計に不穏でした。

bang5.jpg
が、特に絵が崩れているということもなく普通に進行してくれて助かりました…OPEDアニメーションが間に合わないとかよくありますが、むしろ動きまくってて非常に見ごたえあるものとなってます。CGもいい感じです。
曲は全体的に聞き心地よくて何回も聞きたくなります。まあCMで十分リピートしてるけどな!!



ストーリーはよくある「バンドやろうぜ!」から始まってメンバー集めるやつです。『けいおん』みたく部活ではないが、まあ似たような感じです。ガール・ミーツ・ガール。
ただ、日常系寄りの中では人を選ぶタイプのアニメだろうか。
と言うのも、主人公・戸山香澄の暴走っぷりに着いて来れるかが問題なのだ…凄まじいマイペースっぷりと行動力、突拍子もない発言に周りのキャラも視聴者も巻き込まれまくりである…
ここまでぶっ飛んでると、むしろ清々しいまであるレベル。とは言え数話重ねると、メンバーは静観するタイプの娘ばかりなので、香澄ぐらいしか引っ張れないよなぁ…と納得してしまうのであった。

bang3.jpg
ベース担当の牛込りみ加入の回はもはや伝説。香澄のまっすぐさというか、突っ走りっぷりが最も表されている…
僕はこれで完全にきらきら星がトラウマになりました…いやもうこれは見てもらわないと恐ろしさが分からんぞ…

ちなみにこの2人が座っているところは江戸川公園だと思われる。
メインキャラの利用している路線が都電、というか、キャラ名が駅名からとられてるんですよね。新宿区や文京区あたりの見覚えある風景がちらほらと描かれているので、背景アニメとして楽しむのもありかも。

bang4.jpg
放送前CMでは「おもちもちもち」のフレーズが一部実況民に大ウケしていた、リードギターの花園たえ。意外にも不思議ちゃんでした。ビジュアル的にマジメっ娘かと思ってた…
唯一 香澄のペースについて行けると思われる貴重な人材。実力も十分だし、ある意味いちばん安心して見られるか…

bang2.jpg
私の推しはキーボードの市ヶ谷有咲ちゃん!
見事なまでのツンデレで、ぼっち故に香澄にすがっちゃうかわいい。本作の百合力を爆上げしてくれるありがたいキャラです。。。
ツンデレさに目が行きがちだけど、マジメ枠はこの娘ですね。誰よりも練習に取り組もうとしてるし…でも照れて興味ない振りしちゃうかわいい

百合と言えば、香澄が全方位に矢印を飛ばしてて強すぎる
隙あらば抱きつくし、そっちの意味でもやりたい放題だ…
メンバー集める系って、ギャルゲーみたいに1人1人落としていく感じになりがちだから余計にそう見える。いいぞもっとやれ

ちなみに現在は残ったドラムの山吹沙綾を攻略中。
そして次回8話にいたっては専用のCMを用意する気合の入れよう…エピソード限定予告とか、よっぽど人気あるアニメの最終回ぐらいしかやらないだろ…どんだけ懸けてるんだブシロード…


では。


2017-02-19(Sun)

2017冬アニメ感想 ⑧Rerite 2nd season MOON編/TERRA編

この冬、恐ろしく難解なアニメが始まった…

rewrite1.jpg
『Rewrite』の2期である。
お馴染み「key」作品。去年夏に衝撃的な結末を迎えたその後のストーリーが、2部作に展開される…
1期は途中からオリジナルになり、原作プレイ済みの人たちにも多くの謎を残しました。その解決編のはずですが…もともとややこしい話な上、アニメの超特急な構成の影響で非常に理解が難しいことになっております;
しょうがないところも大きいが…全話通して複数回見ないとしっくりこなさそうだ。

だいたいMOON編が悪いと思う。導入にしては情報があまりにも詰め込まれすぎている…Rewriteの世界観が明らかになるので、当然と言えば当然か。しかし3話しかないのは辛い…





rewrite2.jpg
いきなり1期と繋がっていなさそうに見える、ヒロインの個別ルートが次々と流れます。ファンディスク『Rewrite Harvest festa!』のネタも入っていたらしく、原作ファンにはたまらない内容だったようです。
膨大な内容だけに、すべてアニメ化するのは不可能なのが実に惜しい…どれも何が起こってこんなルートになるんだ!?って感じだから、気になったなら原作やれってことですね。私みたいな人には効く商法やで…
様々な世界線を駆け巡る主人公・瑚太郎はハッピーエンドも経験するが、結局行きつく先でに抹殺されてしまう…この繰り返しは決してループものではなく、どれも「世界の可能性の1つ」だということが判明します。

rewrite3.jpg
そして篝は滅びる運命にある世界を守る存在として、ひとりぼっちの戦いを続けていたのです。誰からも相手されることなく、ただ力を使い続けるのみ…なんという孤独な…
この板は世界の可能性、世界線を表していたわけですね。あみだくじで遊んでるわけじゃなかった

運命に抗うということは、篝は世界に反する存在。そもそも本来存在するべきでない娘なんですね。
で、このMOON空間は消されなければならない。そこで唯一干渉できるのが瑚太郎で、篝を抹消するために送り込まれたという訳です。要するに、1期で暴れてた魔物と同じ役割ってこと。だから近付けば逆に殺されてた。瑚太郎はただの主人公ではなくて、世界の崩壊に止めを刺すための存在だったと判明します。もうここまでくると壮大すぎて…

rewrite4.jpg
切り札のヒーコーを使って篝と打ち解けた瑚太郎。名シーンですね…「ヒナギク」のボーカルverはアニメオリジナルらしいので、原作組はとても湧いてました。

ロマンチックな時も束の間。敵であるはずの篝と組んでしまった瞬間、魔物からの標的にされてしまいます。そこで召喚されたのが…

rewrite5.jpg
やっと出ましたオカ研メンバー!
人を呼び出すくらいの力はループしてる間にモリモリつけていたようです。1期でも人間卒業してたが、MOON瑚太郎はそれを超えたバケモノや…

しかし…彼女たちの協力でも篝を救うことはできず、またも新たな世界へ飛んで行く…舞台はTERRAへ…

というわけで、現在TERRA編が放送中でございます。比較的分かりやすくテンポがいいので助かります。。。
最初で視聴者をふるいにかけてしまったのが…ホントにもったいなくて…いいキャラが多いだけに、最後まで完走したいアニメです。


では。




2017-02-13(Mon)

2017冬アニメ感想 ⑦この素晴らしい世界に祝福を!2

沖縄との気温差に苦しんでおります…夜の冷え込みレベルが違いすぎて辛い(´・ω・`)
録画してるアニメも消化せねば。。。


『この素晴らしい世界に祝福を!2』で爆笑して身体を暖めるべし。
「小説家になろう」発のライトノベル原作で、ちょうど1年前に放送されたアニメ1期が大反響、放送終了後に2期が発表されました。期待を背負っての続編でも、全くブレないギャグワールドが展開されておりますww
特徴的なのが作画ですよね…OP見ると顕著で、ワザと崩しまくってぐにゃぐにゃの顔にしたりと、ギャグの雰囲気を狙ってる感がバリバリですwwww これだけヒットしたのに作画レベルが上がるどころか下がってるって…もうそれだけでネタですよww

とはいえ、魔法やアクション描写は気合入ってるあたり流石と言ったところか。単純な魔法が多いけど、そこが逆に好きだったりします。分かりやすさはファンを増やしますからね。

konosuba2.jpg
2期ではいきなり借金爆増から始まります。馬小屋生活程ではないが、またも地に堕ちた生活に逆戻りである
金がないということはつまり、成金冒険者カズマさんの本領発揮。とにかく金目のクエストを探しては突撃しまくるのであった…まあ碌なことにならんがな!
推しのアクア様はやっぱり可愛い。そしてパンツはいてない疑惑が真実になりそうな際どいケツ連発。おいおい最高かよ
雨宮天さん渾身の叫び声や「かずましゃまぁぁ~~~~」は健在でございまし

konosuba3.jpg
貫禄の人気投票1位・めぐみんは使い魔のちょむすけとセットで描かれることが多くなりました。
このちょむすけが可愛すぎてしょうがないです。爆裂魔法の練習に付き合ってあげたり、カズマの頭の上に乗ったり…動物の何気ない動きって、アニメでしか表現できない大事なポイントですよね。マスコットの有効活用。

konosuba5.jpg
ダクネスいろいろとヤバい。2、3話でチョイ役だった代わりに、4話でメイン張るんだが…アニメ史上稀に見る下品で汚すぎる最低な回だったことは間違いない…いや見てる方はもう笑うしかないんだが…茅野愛衣さんが本気すぎてすごい…しゅごい…
実際カズマさんと(いろんな意味で)相性いいのはダクネスだと思う…

konosuba4.jpg
OVAから昇格したのは新キャラのゆんゆん!めぐみんと同じく紅魔族だから変な名、名乗り口上までも似た感じ。いいのかそれで…
頭のおかしい爆裂娘とは違い 多少まともな様子。しかし、いい娘 故にめぐみんに丸め込まれて涙目敗走しちゃう可愛い。カズマさんも大して相手にしてなくて笑うwwもうちょっと絡んであげてー


『このすば』に関してはもうあまり語るところがないというか、ギャグアニメとして完成されているので、何話から見ても楽しめるぞ!とだけ伝えたいです。
私は1期序盤は流し見してたのですが、じわじわと盛り上がってきた感じです。安定して笑える作品って貴重なので…ホットなアニメの1つとしてお勧めですよー


では。
2017-02-08(Wed)

2017冬アニメ感想 ⑥クズの本懐

数年前、某マンガにこんな名言があるよーとネットが湧いた。


「興味のない人から向けられる好意ほど、気持ちの悪いものってないでしょう?」


その時は、また理屈っぽくていかにもオタクが好きそうなセリフだな…と思っただけだったが、実際にマンガを読んでみると…そんなもんじゃ済まなかった






「男の子から向けられる好意ほど気持ちいいものなんて…ないのに」

kuzu6.jpg
ノイタミナ史上、最大の問題作になりそうな『クズの本懐』を激推ししたい。
原作は成人マンガ出身の横槍メンゴ先生。女性です(重要)
『エルフェンリート』の岡本倫 先生とタッグを組んだ『君は淫らな僕の女王』、アレすぎる設定の『レトルトパウチ!』等も絶賛問題作中。ドキドキ(意味深)な作品を送り続けております。。。


安楽岡花火は、幼い頃からお兄ちゃんと慕っている鐘井鳴海を想う。
粟屋麦は、昔家庭教師をしてくれた皆川茜を想う。

しかし、2人が通う高校の新任教師となった鳴海と茜はいい雰囲気に。見守ることしかできない2人は共鳴し合い、近付いていく。
そして、「お互いを好きにならない」「どちらかの恋が実ったら別れる」「お互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れる」ことを条件に付き合いを始めるが…



kuzu1.jpg


妥協して本命じゃないイケメンと付き合う。女性作家らしく、どこかの少女漫画でみたような設定。少女漫画っぽく甘くて切ない恋愛に…なればよかったのになぁ…残念ながら花火を取り巻く環境は…クズ祭りだった…花火を含めて…

冒頭で語った、ネットで話題になったセリフ。これこそが花火に突き付けられた現実そのものなのだ。鳴海を好きになるのも自分の勝手な恋なわけで、報われなくてもしょうがないはず。学生の恋なんてそんなものだし、ましてやかなり歳の離れた相手だし。
でも茜に対しては敵意を向ける。挙句の果てには麦で「妥協」。麦側も同じく、花火を求める。ただの傷の舐めあい。これに苦しみ続ける…いや、誤魔化し続けてこの奇妙な関係が成り立っているのです。

kuzu2.jpg
そして濡れ場である
いやーーーーーーマジでヤってくれましたね(白目)
このカット、地上波アニメ史上でもトップクラスに危険でそそる画だと思いません!?!?!?!?いやもうアウトでしょ…
1話ラストはもうガン見するしかなかったですよ…ド直球のエロで目が離せなくなるとはいやはや…
以降も濡れ場が多く、その度にオタクの悲鳴が聞こえてきますww

エロさもさることながら、心理描写がまた素晴らしい
後悔、背徳感、快感…溢れ出る感情が、声優さん迫真の演技でどわーーーーっと伝わってきます。演技的な意味でも見逃せないですね…安済知佳さんと島崎信長さん、流石ですよ…

kuzu3.jpg
よもや変な娘ののり子が癒しになるレベル。
麦の幼馴染でずっと思い続けていたのに花火に奪われる…こう書くと、結局 花火も奪う側の人間になってて盛大なブーメランかましてる。それも正当化するしかない…ハマればハマるほど「クズ」に成り下がっていく…やはり幼馴染は負けフラグ

kuzu5.jpg
ライバルの茜先生は初見だといろいろ勘ぐりながら見てしまいますね。その容姿と豊崎愛生さんの癒しボイスでいかにもな美人教師だけど、鳴海のことはどう思っているのだろう…と。
そこらへんは是非、是非アニメを見て確かめていただきたい。予想を遥かに超える強烈なキャラですので、魅了されること間違いなし。
私は茜先生が一番好きなキャラです…ここまでリアルにゾクゾクさせてくれるキャラはなかなかいませんよ…え?三次元なら?…ノーコメントで

kuzu4.jpg
最後にジョーカーとも言うべき早苗の存在。はっきり言ってしまうと、彼女はレズです。花火ラブなガチレズ。麦との関係に違和感を持ち、干渉することで花火の葛藤に大きく干渉します。
百合好きとしてこの作品を持ち上げる理由は、この早苗の存在ですね。もちろん花火×茜も無限に妄想が湧いてくる次第でありますが…ストレートに愛をぶつけ、悩む様を拝める2人を見てると、下手な百合作品より優れていると断言できるんですよ。
麦と肉体関係を持つことさえ疑問なのに、同姓である早苗の身体にまで手を出すとなると…もはや泥沼のクズ沼にズブズブ。「クズ」行為をここまで重ねることができるのは若さ故か、それとも天性の「クズ」なのか────


心理を考察したくなるアニメとしては今期一。各々が内に秘める「クズ」を発揮して、毎回見せ場があることも盛り上がる要因でしょう。おまけに引きも最高にいいから、毎週どうなるのか楽しみで楽しみで…とハマる人が多いみたいですね。
人を選ぶジャンルではあるものの、スリルを欲するのは恋愛モノでも同じ…SMどちらでもゾクゾクできちゃうあたり、ツボを押さえてますね。
テンポもよく、1クールで原作殆どを消化しそう。もしかしたらオリジナルの落とし込みになるかもなので、脚本の手腕に期待。


では。

NewMark

プロフィール

やぶろっきー

Author:やぶろっきー
アニメ・ゲーム・麻雀・野球観戦で生きる日々。主食は百合と日本史。

ポケモンGOをはじめ、スクフェス・バトルガール・グリモア・オルガル・デレステ・ガールフレンド(♪)・デュエルリンクス 他スマホゲー飽和状態…

冬アニメは ガヴリールドロップアウト/小林さんちのメイドラゴン/うらら迷路帖/クズの本懐 推し

去年は ハルチカ/くまみこ/ハイスクール・フリート/この美術部には問題がある!/NEW GAME!/ラブライブ!サンシャイン!!/ガーリッシュナンバー/響け!ユーフォニアム2/灼熱の卓球娘 にハマりましたー

細々とやってきます。。。



このサイトについて

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
訪問者
ブロとも一覧

かまちゃんのぶら〜り北海道✩アウトドアしましょ!

風見鶏のように~風の吹くまま、気の向くまま~

ひつじのバイク便

思いつくままに、すらすらと。

One to Go

わくわく株式投資

プリキュア日和なブログ

宮廷アリス

ながらブログ

我が家の高齢犬

さかもと家

draw world
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだもの
twitter
プロ野球
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表


管理人順位予想
セ①巨②広③神④中⑤D⑥ヤ
パ①ソ②ロ③日④楽⑤西⑥オ
応援


『りりくる Rainbow Stage!!!』応援中!2016年3月25日発売予定!

無題

のんのんびより

『your diary』 広崎かなで 応援中!

『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

『グリザイアの果実』 2011.2.25発売予定